漁網リサイクルへの取り組みについてのご紹介

3月10日に銚子電気鉄道様と肥薩おれんじ鉄道様の事業連携協定締結式が鹿児島県川内駅にて執り行われました。

弊社にて回収した廃漁網を利用したグッズも展示・紹介いただきました。

『地域課題解決およびSDGsへの取り組みにおいて、沿線に海の町がある両社の共通点から、3/10、川内駅で行われた肥薩おれんじ鉄道との事業連携協定締結式において、森幸漁網株式会社が廃棄された漁網を回収し、リファインバース株式会社が再原料化をおこない、モリトアパレル株式会社が廃漁網繊維使用Tシャツとコースター型記念プレートとして生まれ変わらせたグッズ(千葉県銚子市の地域おこし協力隊のデザイナー坂園氏デザイン)や、漁網をそのまま再利用したネックストラップ付きっぷホルダーを製作したものを展示いたしました。
今後は、両社は、肥薩おれんじ鉄道沿線で廃棄される漁網のリサイクルにも取り組み、地域課題に向き合っていきます。』

プレスリリース-肥薩おれんじ鉄道-銚子電鉄事業連携協定

プレスリリース-地域課題解決